乾燥肌に!うるおいたっぷり保湿ファンデーションはコレ

MENU

乾燥肌の女性のためのファンデーション選びのコツ

 

肌のタイプのなかでもなにかとトラブルが多いのが乾燥肌。
乾燥しやすいため使う化粧品が限られてくることが多いうえ、刺激にも敏感です。

 

そのためケアにも人一倍気を使わなくてはならず、悩みを抱えている人は多いのだとか。

 

 

さらにそんな女性の多くが悩んでいるのが、ファンデーション選び。
スキンケア用品と違い肌への負担になりやすく、つけると乾燥も感じやすくなります。

 

そのため乾燥肌の人のなかにはファンデーションはつけず、下地やフェイスパウダーなどですませているということも。
そこでぜひそんな人にこそ知って頂きたい、ファンデーション選びのコツをご紹介します。

 

 

乾燥肌の人の肌の状態

乾燥肌の人の肌は、基本的に皮脂が少ない傾向にあります。
なので肌自体の水分がとても蒸発しやすく、化粧水などもなかなかとどまってくれません。

 

そして皮脂は肌を刺激から守る役割もしていますのでそれが少ない、ということはそれだけ刺激にも弱いということ。

 

そのため化粧品などのちょっとした刺激でもダメージを受けやすく、かぶれやすかったり赤みが出たりということがあるのだそうです。

 

 

また、皮脂が少ないために化粧ノリが悪いということも。

 

とくに湿度の低い冬はいつも以上に乾燥しやすくなりますので、ファンデーションがしっかり密着せずにういてしまったり、つけていると顔がつっぱったような感覚がしたりということがあります。

 

このように、本当に日々の苦労が多い乾燥肌。
刺激に弱い、ということでスキンケア用品はもちろん化粧品すら使えるものが限られてきてしまうので、そのなかから合う化粧品を探すのは一苦労ですね。

 

 

乾燥しにくいファンデーションって?

では、乾燥肌の人はどんなことに気を付けてファンデーションを選べばいいのでしょうか。

 

やはり肝心なのは、つけていて乾燥しにくいもの、ということにつきますね。
なので多くの乾燥肌の人はやはり、リキッドタイプやクリームタイプを使っていることが多いようです。

 

 

ですがリキッド、クリームと種類分けされているもののなかにも「水性」と「油性」があり、保湿力に大きな違いがあります

 

乾燥肌の人であれば、油性のものを選ぶのがおすすめ。

 

さらに油性のなかにも製法によって2種類あり、普通の油性型と「油性乳化型」というものがあります。

 

油性型は一般的にクリーム、スティックタイプのファンデーションに多く、テクスチャーもねっとりとあまり伸びず、重たいものが多いです。

 

ですがその反面、かなりしっかりしたカバー力をもっているファンデーションでもあります。

 

一方で油性乳化型にはリキッド、軽いタイプのクリームが多く、普通の油性型と比べるとテクスチャーやつけ心地が軽く、のびもいいのが特徴です。

 

どちらも油性なので肌の水分の蒸発をふせぐフタの役割をしてくれますので、カバー力やつけ心地など、好みのものを選ぶのがいいでしょう。

 

 

また、成分のなかにコラーゲン、セラミド、スクワラン、レシチンが含まれていると適度に肌をしっとり保ってくれます。

 

できれば成分表の最初の方にいずれかの成分が入っているものを選ぶと、つけたときに肌がつっぱる、といったトラブルは避けられるはずです。

 

そして自分に合う、と思うのであればパウダーやパウダリーファンデでもOK。

 

そのさいは「エマルジョン」という種類のものを試してみるのがおすすめ

 

リキッドやクリームタイプのように仕上げのフェイスパウダーが不要なうえ、保湿力もありますので、機会があれば試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

肌が敏感、だけどファンデーションをつけたい!とい人は?

先ほどご紹介したような、ファンデーションの場合、ほとんどが人工的に合成された成分が配合されています。

 

ですがなかにはそういった人工的なものを一切受け付けない、という肌の人もいるはず。

 

その場合は天然成分のみでできたファンデーションのなかから選ばないといけないのですが、メイクをしつつも、肌への負担を極力減らしたいのであればミネラルファンデーションを試してみてください。

 

 

基本的にミネラルファンデーション、という名前がついているものは天然由来の成分しか配合されていません。

 

そのためクレンジングが不要で、つけたまま寝てもOK、という商品まであります。

 

さすがにそのまま寝るのは肌へ負担がかかりますが、頻繁にメイクをし、長時間落とさないことが多い、という人にはもってこいです。

 

 

ミネラルファンデーションの場合、ほとんどがパウダー状のファンデーションなので乾燥しやすいのでは?と思われがちですが実は乾燥肌の人にも向いているそうです。

 

商品にもよりますが、うるおい成分であるオリーブ油やグリセリン由来のうるおい成分を配合しているものもありますので、試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

乾燥肌は本当に毎日のケアが大変で、なにかと苦労するでしょう。

 

ですが意外と、肌にいいと思ってやっているスキンケアが乾燥肌の原因だったりすることもあるのだとか。

 

たとえば化粧水を肌に染み込ませようと強くパッティングしたり、クリームを強く塗り込んだりといった刺激は肌にダメージを与えるだけなんだそうです。

 

すでに乾燥肌の人の肌はとても傷つきやすくなっていますので、こういった過度な刺激は乾燥肌をより悪化させることも。

 

乾燥肌に悩んでいる、という人はぜひ一度、ご自身のスキンケアの仕方を見直してみることをおすすめします。

 

意外とケアを間違っていて乾燥を招いていた、ということもあるかもしれませんよ。

 

 

 

どのファンデが良いかわからないなら

ファンデーションって色んな種類があってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

私も今までいろんなファンデーションを使ってきました。

カバー力抜群!って書いてあるのに全然だったり、
厚塗りやヨレができてしまうようなものなど。

人気で口コミがいいファンデをたくさん使ってきた私が選ぶ
ファンデーションランキングを参考にしてくださいね。

→一度は使ってみて欲しい!ファンデーションランキング




関連ページ

脱化粧崩れ!1日中崩れないためのスキンケアとファンデ選び
一日中ファンデーションが崩れないためのポイントは朝の洗顔にあり!化粧崩れしないしないためのスキンケアとファンデーション選びのポイントを解説!
洗顔石鹸だけで落とせるファンデーション!
石鹸で落とせるファンデーションを紹介します。クレンジング不要なのでお肌に優しい!だから肌トラブルもなく美肌へ導いてくれるんです
★修正★無添加ファンデーション人気ランキング
おすすめの無添加ファンデーションを人気ランキングで紹介します
薄付きでカバー力のあるファンデーション
シミやシワ、毛穴を隠そうとファンデーションが厚塗りになっていませんか?薄付きなのにカバー力のあるファンデーションを紹介します
夏でも崩れない!汗に強いファンデーションランキング。【40代〜50代】
スポーツや夏、汗を書いた時にファンデが崩れる・・なんてことありますよね。ということで、汗に強く崩れにくいファンデーションを紹介します。夏用、スポーツように用意しておくと便利ですよ
自然派に、スッピン風メイクで使えるファンデ
最近はしっかりメイクよりもナチュラルメイクが流行していますよね。 そんなすっぴん風メイクに欠かせないのが、綺麗な肌を演出してくれるファンデーション。そんなファンデーションなんて、あるのでしょうか?
冬の乾燥でファンデが浮く・・。保湿ファンデーションで崩れなくする方法
冬は乾燥してファンデーションが浮いてしまう。そんな方におすすめの保湿ファンデーションを紹介します。また化粧崩れをしない方法も