ファンデーションの白浮きを撃退するコツ

MENU

ファンデーションの悩みのなかでいちばん困るのが白浮き。

 

顔だけ異常に白く浮いてしまい、まるでオバケのようですよね。

 

購入したときはピッタリ、と思った色なのにどうして白く浮いてしまうのでしょう?ファンデーション選びのコツやぬり方など、白浮きを撃退するコツをご紹介します。

 

 

自分にベストな色のファンデーションを選ぶ

白浮きしてしまう最大の原因が、顔と首明るさがあっていないということです。

 

光が直接当たる顔と違い、首は影になっている部分が多いので通常よりも暗くみえます。

 

そのため顔の明るさと同じ色のファンデーションを選んでしまうと首との明るさの違いがよりはっきり出てしまい、白浮きしてしまうのです。

 

 

そこでファンデーションを選ぶときは、首と顔の中間ぐらいの色をチョイスするのがおすすめ

 

顔の明るさよりもワントーン落としたぐらいがベストです。

 

最初肌に乗せてみるとちょっと暗いかな?と感じるかもしれませんが、遠目からみると明るさのバランスがとれて自然になりますよ。

 

 

そしてファンデーションの色を決めるときは、美容部員さんに聞くとなお心強いです。

 

メイクに関してはスペシャリストですので、普段使っているファンデーションの色を伝えて白浮きしてしまうと相談すれば、ベストなものをおすすめしてくれます。

 

愛用しているメーカーがあるときは、そのメーカー所属の美容部員さんに聞くようにするとスムーズにいくでしょう。

 

 

ぬり方で白浮きを撃退

ファンデーションの色も大事ですが、ちょっとぬり方を変えるだけでも白浮きを撃退できます。

 

ポイントは顔の中心とフェイスラインでぬる量を変化させること。

 

そのままぬると白浮きしてしまうファンデーションなら顔の中心は厚め、フェイスラインは薄めを意識

 

自分にあった色のファンデーションなら逆にフェイスラインを厚めにし、顔の中心は薄めにするのがおすすめ。

 

顔の中心は明るく、フェイスラインは暗めにしあげるのを意識すると失敗しにくいですよ。

 

 

どうしてもファンデーションだけで調整が難しいなら、シェーディングやハイライトを使うと簡単です。

 

ちょっとした工夫ですが意外と効果が高く、しあがりがかなり違ってきます。

 

うっかり明るい色のファンデーションを買ってしまった!というときにも使える方法ですので、ぜひおぼえておいてください。

 

 

直接顔に塗るのはNG?まずは掌に伸ばそう

そしてリキッドやクリームタイプをぬるときのコツは手の平にのばしたファンデーションを顔を包み込むようにしてぬること。

 

たとえるなら化粧水をぬるときのような感じで、やさしく押し込むようにしましょう。

 

時間はかかりますが、直接顔に乗せたときよりもなじみのよさが全く違ってきます。

 

そのときも顔の中心は明るく、フェイスラインは薄めを意識するようにしてくださいね。

 

全体にぬれたら最後にスポンジやティッシュで余分な油分やファンデーションをとりのぞけばOKです。

 

テカりが気になるようならば、フェイスパウダーやお粉をブラシではたくときれいです。

 

 

スポンジではなくブラシを使うと◯

また、パウダーファンデーションを使っているならスポンジではなくブラシでぬるとより白浮きをしにくくできます。

 

チークをぬる感じでファンデーションをブラシにとり、まんべんなく顔全体にはたくようにしましょう。

 

使うブラシはできるだけ大きめのものを選ぶとムラができにくく、メイク崩れもしにくいですよ。

 

ですがブラシを使うとスポンジを使ったときよりかなり薄付きになりますので、シミやくすみ、クマなどがカバーしにくくなります。

 

そのため、ブラシを使うのであればコンシーラーなどでしっかり下地を作ってからにしてくださいね。

 

 

 

大きめのブラシを使うと全体的にツヤ出て、より素肌っぽい自然なしあがりになります。

 

いかにもファンデーションをぬってます、という感じが苦手という人にはおすすめの方法です。

 

 

 

メイク前の準備も大事

白浮きをさせないためには、メイクをする前の肌を整えておくことも重要です。

 

まず洗顔は、しっかり洗顔料を使って寝ている間に出てきた皮脂やスキンケア用品をしっかり洗い流します。

 

よく朝は水洗顔だけ、という方も多いようですがそれでは寝ている間にでた汗や皮脂を洗い流すことはできません。

 

前の日につけた化粧水や乳液も一晩で酸化してしまっていますので、そのままメイクをしてしまうのはとても肌に悪いです。

 

朝もしっかり洗顔料で洗い、肌をリセットしましょう。

 

 

メイク崩れも防ぐために保湿はしっかり

肌がきれいになったらしっかり保湿します。

 

化粧水をしっかりなじませ、ハンドプッシュして肌に押し込むようにしましょう。

 

ここでしっかり時間をかけて保湿をしないと、白浮きだけでなくメイク崩れもしやすくなってしまいます。

 

朝の忙しいときかもしれませんが、念入りになじませてくださいね。

 

 

 

さらに下地を使うのであれば、のびがよく白く残らないタイプの日焼け止めがおすすめ。

 

保湿効果の高いものだとなおベストです。

 

メイクは重ねれば重ねるほど崩れやすく、白浮きもしやすくなってしまいますので、できるだけシンプルにしましょう。

 

そして下地が完成したらしっかりハンドプッシュで肌になじませ、余分な油分をティッシュオフします。

 

そのあとはお好みのファンデーションでしあげてください。

 

 

まとめ

白浮きの原因はファンデーションの色、ぬり方、メイク前の保湿のどれかにあります。

 

メイク前にしっかり保湿もしていて、ぬり方にも気を付けているのに白浮きしてしまうという方はファンデーションがあっていないのかもしれません。

 

肌のタイプによってはパウダータイプがあう方、リキッドやクリームタイプがあう方と様々です。

 

色を変えたのにどうしても白浮きしてしまう、という方は一度色だけでなくファンデそのものを見直してみるのもおすすめですよ。

 

白浮きを撃退して、ぜひナチュラルな肌を手に入れてくださいね。

 

どのファンデが良いかわからないなら

ファンデーションって色んな種類があってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

私も今までいろんなファンデーションを使ってきました。

カバー力抜群!って書いてあるのに全然だったり、
厚塗りやヨレができてしまうようなものなど。

人気で口コミがいいファンデをたくさん使ってきた私が選ぶ
ファンデーションランキングを参考にしてくださいね。

→一度は使ってみて欲しい!ファンデーションランキング




関連ページ

ファンデーションが崩れないメイクのポイント
どんなにしっかりメイクをしてもせいぜい朝から夜までが限界ですが、出来るだけその間は美しい肌をキープしたいものですね。そんなメイクのポイントをお話します
ナチュラルメイクの方法。うまくやるポイントは?
ファンデーションは薄くナチュラルな仕上がりが好まれています。そんなナチュラルなベースメイクの方法をお伝えします