ファンデーションが崩れないメイクのポイント

MENU

ファンデーションが崩れないメイクのポイント

どんなにしっかりメイクをしてもせいぜい朝から夜までが限界ですが、出来るだけその間は美しい肌をキープしたいものですね。

 

エステティシャンの立場から化粧崩れを出来るだけ起さないメイクのポイントをまとめてみました。

 

 

ベースメイクのもちを良くするために

崩れてしまう部分は、一番に頬や小鼻といったTゾーンといった皮脂腺が多い箇所に当ります。

 

時間が無く手早く仕上げてしまうという人は細かいところも丁寧に塗ることもポイントですが、化粧むらが起こらないように顔全体を万遍なく塗りましょう。

 

また、肌が部分的に乾燥していると、均一にベースメイクを施しても時間がたてば粉が吹いた状態になってしまいますが、こまめに時間を見つけて、ティッシュなどで皮脂を抑えたあとスプレーボトルに入れた化粧水を使用して水分を補給すれば、乾燥を予防することができます。

 

前日までの肌が翌日の化粧崩れに大きく関わってきますので、入浴時に毛穴を開かせて老廃物をしっかり排出するとともに、スキンケアでは潤いを顔全体に行き渡らせるようなお手入れを心がけましょう。

 

また、夏場は気温が湿度が高いためどうしても毛穴がゆるみ、皮脂がたくさん排出されてしまいファンデーションが崩れる原因となりますが、洗顔の最後に冷水をかけて引き締めたり、収れん作用の高い化粧水を使用して毛穴の改善を続ければ、最低限の化粧直しでカバーすることができるでしょう。

 

 

化粧崩れを防ぐファンデーションとは

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、上手に扱えば肌を綺麗に見せることが出来ますが、スポンジで押し込むような塗り方は慣れるまで難しい上に、油分が多く含まれている為にどうしても崩れやすくなってしまいます。

 

また、液状タイプを顔の凹凸にそって塗るため、近くで見るとムラが出来ていることも多いのです。

 

ミネラルファンデーションの場合は、出て来た皮脂を吸着することで時間が経つほど密着感が増す働きがあるため、化粧崩れがなかなか改善されない方は、一度チャレンジしてみる価値はあると思います。


どのファンデが良いかわからないなら

ファンデーションって色んな種類があってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

私も今までいろんなファンデーションを使ってきました。

カバー力抜群!って書いてあるのに全然だったり、
厚塗りやヨレができてしまうようなものなど。

人気で口コミがいいファンデをたくさん使ってきた私が選ぶ
ファンデーションランキングを参考にしてくださいね。

→一度は使ってみて欲しい!ファンデーションランキング




関連ページ

ナチュラルメイクの方法。うまくやるポイントは?
ファンデーションは薄くナチュラルな仕上がりが好まれています。そんなナチュラルなベースメイクの方法をお伝えします
ファンデーションの白浮きを撃退するコツ
ファンデーションの悩みのなかでいちばん困るのが白浮き。顔だけ異常に白く浮いてしまい、まるでオバケ。ファンデーション選びのコツやぬり方など、白浮きを撃退するコツをご紹介します。