敏感肌のおすすめのファンデーションはどれ?

MENU

敏感肌の女性のためのファンデーション選びのコツ

 

化粧品でかぶれやすい、紫外線にあたると赤くなってしまうなど、ちょっとした刺激で肌荒れを起こしやすい敏感肌。

 

スキンケア用品や化粧品だけでなく、なかには下着など肌に触れるもの全てに気を配らねばならず、悩みは深いのではないでしょうか?

 

しかし敏感肌だからといって全くスキンケアもしない、メイクもしないというわけにはいかないですよね。

 

スキンケアもしなければ肌はどんどんおとろえていきますし、身だしなみとしてのメイクも必要です。

 

では、敏感肌はどのようなファンデーションがあっているのでしょうか?

 

 

敏感肌という定義はない?

今のところ厳密にいうと、敏感肌に定義はありません。

 

しかし多くの女性が「自分の肌は敏感だ」と感じているのも事実。

 

さらに化粧水などでかぶれたり、赤くなったりといった症状が出ている人もかなりの数いるようです。

 

しかもそういった症状があらわれる人も様々で、もとからアトピー体質だったという人はもちろん、今までなんの問題もなかった人がある日突然色々な化粧品でかぶれるようになってしまった、という場合もあります。

 

 

 

それらを引き起こしているのは、実は乾燥

 

乾燥によって肌をバリアする「セラミド」が不足しているのが原因です。

 

セラミドが不足してしまうと肌に十分な水分を保つことができなくなり、化粧品だけでなく紫外線や花粉、衣服のこすれなどの刺激でもダメージを追ってしまい、赤みやかゆみなどの肌荒れとしてあらわれてしまうのだとか。

 

そのためある日突然、急に肌が敏感になったという人が出てくるのです。

 

 

 

また、セラミド不足だけでなく体調やホルモンの変化によっても肌は敏感になります。

 

たとえば普段はなんでもなくても、生理前や生理中だけは化粧品をつけるとピリピリしてしまう、という人や花粉の季節だけ肌が敏感になるという人もいます。

 

さらに風邪をひいていたり、疲れがたまっていたりといったことでも敏感になることがありますので、スキンケアだけでなく体調管理も敏感肌対策には大事なのです。

 

 

 

敏感肌用の化粧品はなにが違うの?

そんな悩み多き敏感肌の救世主ともなっている、敏感肌用の化粧品。

 

最近は各社から様々なものが発売され、敏感肌でも色々と選べるようになってきましたね。

 

では、普通の化粧品と何が違うのでしょうか?

 

実は、こちらも敏感肌同様に厳密な定義はありません。

 

イメージ的には「肌のいい成分しか入っていない」といった感じですが、本当にそれを追求しているメーカーもあれば、成分は同じで濃度を薄くしているだけ、というメーカーもあります。

 

そのため、敏感肌用とうたっているからといって確実に肌トラブルが起きない、刺激がないとは言い切れません。

 

初めて購入したものは、必ず使う前にパッチテストを行い、自分の肌にあっているかどうか確認してからにしましょう。

 

そしてもし使っている最中に少しでも刺激を感じるようであれば、即やめることをおすすめします。

 

とくにスキンケア商品の場合は無理をするとひどい肌荒れを起こしてしまいかねませんので、無理はしないようにしてください。

 

 

 

敏感肌でも使えるファンデーションはある?

そんな定義がなく、あいまいなことが多い敏感肌ですがファンデーションはどんなものがいいのでしょうか?基本的に敏感肌の場合、自分の肌に合っていれば問題ありません。

 

刺激を感じず、使い続けてもとくに肌トラブルが起こらないのであれば普通肌用のものでもOK。

 

敏感肌、といっても症状の出方にかなり個人差があり、重症度もバラつきがありますので、自分に合ったものを使うようにしてください。

 

ですが基本的にはごちゃごちゃと色々な成分が入っていない、シンプルなものを選ぶといいですね。

 

 

 

そして肌への負担が少ない、というものをあげるとするならばパウダー状のファンデーションがおすすめ。

 

とくに粉状のままのルースファンデーションや、ミネラルファンデーションならばかなり肌への負担は少ないでしょう。

 

とくにミネラルファンデーションの場合、天然由来の成分しか使っていないというメリットがあります。

 

さらに肌への負担になりやすいクレンジングがいらず、石けんで落とせるというところも敏感肌にはありがたいはずです。

 

 

 

しかし最近は「ミネラルファンデーションはカバー力がない」というイメージを払拭するためか、カバー力アップのために色々な成分を配合しているものも発売されています。

 

同じミネラルファンデーションでもそういったものを使ってしまうと肌トラブルが起きてしまうこともありますので、カバー力は重視せず、肌への優しさを重視したメーカーのものを選ぶようにしてください。

 

 

 

逆に肌への密着力が高く、油分が多く含まれているクリームやリキッドファンデーションはNG

 

油分の酸化を防ぐために防腐剤が入っていることが多く、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

カバー力があるので隠したい悩みが多い敏感肌の人には魅力的かもしれませんが、肌のことを考えるのであれば避けるべきでしょう。

 

 

 

また敏感肌の場合、ファンデーションだけでなくメイク道具にも気を配りましょう。

 

ブラシはやわらかく、チクチク感が少ないもの。

 

パフは小まめに洗って清潔を保つ、といったことを心がけると、より肌トラブルを防ぐことができます。

 

肌に触れるものに最大限気を配らなければいけない、ということは大変かもしれませんがぜひ肌に優しいおしゃれを楽しんでください。

 

どのファンデが良いかわからないなら

ファンデーションって色んな種類があってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

私も今までいろんなファンデーションを使ってきました。

カバー力抜群!って書いてあるのに全然だったり、
厚塗りやヨレができてしまうようなものなど。

人気で口コミがいいファンデをたくさん使ってきた私が選ぶ
ファンデーションランキングを参考にしてくださいね。

→一度は使ってみて欲しい!ファンデーションランキング




関連ページ

インナードライ肌におすすめのファンデーションランキング
インナードライ肌に合う人気のファンデーション。おすすめのファンデをランキングで紹介します
オイリー肌におすすめのファンデーションはどれ?
オイリー肌(脂性肌)はどのようなファンデーションがいいのでしょうか?オイリー肌に人気のファンデをランキングで紹介します